相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

十二単 ~五衣唐衣裳~

今まで、手作りの平安装束を寸劇で着てきましたが、今回は本格的な十二単を着せてもらいました。
場所は姫路歴史博物館の着付け体験コーナーです。
f0234845_16393749.jpg

二人の職員さんに着付けていただきました。
普段着の上から小袖と長袴をつけて、単、打衣、五衣、表着、唐衣と重ねていき、裳を着けて終わりです。
着せていただいたのは紅梅の匂の襲色目でしょうか?
帯はなく、最後に着けた裳の小腰という紐ですべての着物をとめつけているのですが、腰部分は太い帯を巻いたような圧迫感です。
職員さんが写真を撮ってくださったのですが、ポーズをとるのに方向を変えるだけで重労働です。
動くたびに着物や裳のすそが乱れるので直してもらわなければいけないし、とても重いのです。
十二単で生活するには侍女がいないと無理ですね。

この衣裳着付けは一日三回、抽選で体験できます。(平日朝一番だと確実だと思います)
十二単のほかにも、細長、狩衣、鎧も着せてもらえるようです。→姫路歴史博物館


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2012-05-25 17:07 | いろいろ見学