相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

カテゴリ:未分類( 5 )

とうとう12月に突入してしまいました!
我が会ほかも力入れてます音楽劇「和泉式部伝説 この子がおればこそ」
昨日も一日中リハーサルでした。
その様子を会員のキシさんがムービーにしてくれました。
みんな頑張ってます!




相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


神話・伝説
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-12-05 18:09

舞台衣装

そろそろ、12月19日の舞台、「和泉式部伝説・この子がおればこそ」の
本番さながらのリハーサルも始まります。
時代劇物ですから、もちろん出演者は着物です。
この着物が手に入らなくて苦労しています。田舎の地味ぃ~な子供の着物が手に入りません。
が、昨日たつのオータムフェスティバルの古着でみつけました!
なんと一着100円から!地味な着物のほうが大島紬で古着とはいえ何千円もしてたのでびっくりしました。
安く買った着物のサイズもなんとかいけそう!
おはしょり無しの状態で大人から、上げをして小学校中学年くらいまでいけそうです。
シミだらけの水色の島の柄が入った単?はオマケしてもらいました。
身長が150~160センチなら引きずり着物にもできそうなので、宮廷衣装にしてもいいな。
明日、リハーサルに持っていくので皆の反応が楽しみです。


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-11-22 22:03
今日は、年末に控えている音楽劇「この子がおればこそ」の練習場にお邪魔して来ました。
先日にお邪魔したときは出演者の衣装の打ち合わせでしたが、今回は主役の和泉式部役の方と
五郎太夫妻役の方が練習にいらっしゃるとの事でウキウキで出かけました。
練習場につくともう練習は始まっていました。隣からは演歌の練習の歌声が…
中に入ると迫力の大声量!やはり、声楽や舞台をやっている方は声の大きさや出し方が違いますね。
これで、五郎太夫役と小式部役が加わったらと考えると頭の中がお花畑です。
あれぐらい高低伸びハリのある声が出たら歌うのがもっと楽しくなるだろうな~。

こっちは調子の悪いパソコンでポスターとチラシ構成をがんばろ。
すぐにエラーが出てソフトが強制終了されるのです。
昨年末のガンブラと今夏の異常酷暑でおかしくなってしまったんでしょうかね?
とにかく、ちゃくちゃくと年末の舞台に向かっております!



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
 
[PR]
by denpatu | 2010-09-25 22:51

国宝 鶴林寺

友人に国宝 鶴林寺につれていってもらいました。
「つるりんでら」じゃないよ。ふざけて言う時もあるけど。
国宝だけあって飛鳥や平安の仏像や建物が目白押し!
もっと予習して行けばよかったな~。
国宝太子堂の中ですすで汚れて見えなかった壁画が宝物殿で見られたり。
大学の専門的な研究によって再現された「九品来迎図」がお気に入りになりました。
どんな悪人でも死ぬ間際に、悔い改めて「南無阿弥陀仏」ととなえれば
とりあえず極楽へ行ける、フツーの人は天人が、生前物凄く良い人だった人は仏様じきじきに
お迎えに来てくれる。そして死ぬまで悔い改めなかった人には鬼の引く火の車で地獄へGO!
と、死ぬときには絶対改心せな損やでと言うことを教えてくれる図なのです。(解釈間違ってるな…)

宝物殿ではなぜか住職が聖徳太子像などをケースから出して撮影をされておりました。
普段は見られない後ろ側も見れてラッキーでした。
あいたたの観音様もかわいい!
住職から加古川にも和泉式部の伝説と供養塔があるよ。と教えてもらい有意義なお寺見学でした。
帰りに供養塔に寄ろうと思っていましたが加古川は入り組んだ場所も多いので見つけられず断念。
また今度です。

前から気になっていた、大きな黄緑色と栗の絵の和菓子屋さんについに入ることが出来ました!
栗まんじゅうが名物のようですが立体に負けました。
f0234845_029268.jpg


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com

その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-07-09 00:44

神崎与五郎の孝行井戸

相生・伝承文化を発信する会のホームページにも載せました『神崎与五郎の孝行井戸』
相生市の那波に、その井戸はあります。
相生市は昔、一部が赤穂藩だったので忠臣蔵で有名な四十七士も那波に住んでいたのです。
四十七士の中の一人、神崎与五郎という人は大変な孝行息子で勇名だったようです。
母が不治の目の病になったときも、山の社に出かけては神に毎日祈っていたそうです。
その熱心さに心動かされて、女神様は与五郎に目の病の治し方を教え、その教え通りにすると
たちまち、母は目の病が治ったそうです。


その伝説と、その目の治療に使われた井戸が現存すると聞いて私はまた、いらん考えを思いついてしまったのでした。

「井戸の水を目薬の瓶に入れて売ったら売れるかも…相生の名産品になるかも…」

ちょっと考えれば水質調査はひっかかるだろうし、薬事法にもひっかかるだろうし。
それに、ここの井戸水で目を洗うだけで病が治るわけではなく、
1.天下台山より昇る光を口に受け
2.赤松の葉をかみ締め
3.井戸水で目を洗い
4.塩水を飲む

そして一番大切なのは信神心。
信神心のない人には効かないんでしょうな~。


全国に誇れる相生土産が欲しいよ。


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com
f0234845_2346198.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-05-27 23:42