相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

カテゴリ:ひとりごと( 38 )

涼しくなってくると外をひらひらと飛びはじめる蝶々のような蛾。
昼間から飛んで、洗濯物や人に向かって飛んでくるのでやっかいです。
何という蛾なのかと調べてみたら ホタルガ という蛾のようです。
大昔は見かけなかった気がするのですが、これも温暖化のせいなんでしょうか?

f0234845_1685923.jpg




相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-10-05 16:09 | ひとりごと

今度は八年後

昨日は中秋の名月でした。
また満月が巡ってくるのは八年後だとか。
f0234845_16172542.jpg



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com



その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-09-20 16:18 | ひとりごと

千年ぶりの猛暑

今年の夏はいつもと違う夏でした。
暑さでPCが壊れた一昨々年の夏よりも暑かったように感じます。
この暑さは千年ぶりの暑さとか。
千年まえといえば、相生市の伝説にもでてくる和泉式部が生きていた時代です。
平安時代にはクーラーどころか扇風機もなかったわけですから
その時代の人はこの暑さをどうやって過ごしていたのだろうと考えてしまいます。
貴族は扇いでくれる侍女がいたとして、庶民は耐えるのみだったのでしょうか。

昼間は暑いものの朝の空には秋の雲が出ていました。
f0234845_926591.jpg



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-08-28 09:18 | ひとりごと
曇り空で蒸し暑く、すっきりしない毎日です。
夏野菜も実りだし、もうすぐ梅雨もあけるのでしょう。
仔つばめも大きくなり親と見分けがつかなくなり、にぎやかに鳴いています。
そんな夏が直ぐそこ!という中、なぜかウグイスが盛んに鳴いています。
もうとっくに春はいってしまったよ…。
f0234845_1614868.jpg


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-07-04 16:14 | ひとりごと

ウグイスが鳴いた!

やっぱりウグイスが鳴かないと春が来た気がしませんね。
満開だった近所の桃の花もほとんど散ってしまいました。
画像は満開だった頃。

f0234845_10584447.jpg
f0234845_10582692.jpg




相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-04-28 10:59 | ひとりごと

春が来た?

山には桜と山ツツジのピンク。
一挙に春がやって来たようです。
でも明日には天気が大荒れに荒れて、桜の花が散ってしまうとか。
もうちょっと晴れの日と桜を楽しみたいところです。

f0234845_16332092.jpg

f0234845_16333455.jpg


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-04-05 16:36 | ひとりごと

桜前線

ニュースで全国ほとんどの地域の桜が開花したと報道されていますね。
我が家の近所では、桜の種類がソメイヨシノではないのか蕾が固いままです。
今週末か来月初めには咲くでしょうか?
我が家では桜の代わりにスモモの花が満開です。

f0234845_18261011.jpg




相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-03-25 18:27 | ひとりごと

自分へのお年玉

自分へのお年玉として、去年から欲しかった相生市史第四巻を買いました。
第四巻は相生市の伝説や文化財、歌も載っている読み応えのある一冊です。
これで勉強してもっと相生を知って、発信しようと思っています!
f0234845_16405196.jpg



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


地方・郷土史
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2013-01-07 16:45 | ひとりごと
今年は今まで以上に「相生・和泉式部伝説 雨宿りの栗の木」の寸劇を広めていきたいと思っています。
公演先も随時募集中ですので、相生・伝承文化を発信する会ホームページのフォームよりよろしくお願いします。

f0234845_1671330.jpg



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com
[PR]
by denpatu | 2013-01-02 16:08 | ひとりごと
先日、テレビで市川雷蔵主演の『新・平家物語』を放映していました。
現在放映中の大河ドラマ『平清盛』では、清盛の実の親は白河院と名も無き白拍子の舞子となっていますが、60年近く前に撮られた『新・平家物語』では白河院もしくは行きずりの坊主と祇園女御の子になっています。
清盛の実の親は誰か、色々な説があるようですが最近の研究では祇園女御が実母であることはありえないとなっているようです。
この祇園女御が『新・平家物語』では悪女的に描かれているのです。
衣裳からして妖艶です。胸は紅い布で隠し、下着になる小袖を着ずに長袴をはいているのです。
f0234845_10525460.jpg

平安時代には、暑い季節になると透けて見えるほど薄い生地で着物をつくり着ていたようですが、この映画の様に直接素肌を見せてはいません。
『新・平家物語』の他の人物の衣裳は時代に忠実に作られていると思ったのですが、祇園女御だけが不思議な衣裳なのです。
平安時代にこんな着こなしがあったのでしょうか?それとも悪女を強調するために創作したのでしょうか?
謎です。




相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com



歴史タグ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2012-05-16 11:03 | ひとりごと