相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

神崎与五郎の孝行井戸

相生・伝承文化を発信する会のホームページにも載せました『神崎与五郎の孝行井戸』
相生市の那波に、その井戸はあります。
相生市は昔、一部が赤穂藩だったので忠臣蔵で有名な四十七士も那波に住んでいたのです。
四十七士の中の一人、神崎与五郎という人は大変な孝行息子で勇名だったようです。
母が不治の目の病になったときも、山の社に出かけては神に毎日祈っていたそうです。
その熱心さに心動かされて、女神様は与五郎に目の病の治し方を教え、その教え通りにすると
たちまち、母は目の病が治ったそうです。


その伝説と、その目の治療に使われた井戸が現存すると聞いて私はまた、いらん考えを思いついてしまったのでした。

「井戸の水を目薬の瓶に入れて売ったら売れるかも…相生の名産品になるかも…」

ちょっと考えれば水質調査はひっかかるだろうし、薬事法にもひっかかるだろうし。
それに、ここの井戸水で目を洗うだけで病が治るわけではなく、
1.天下台山より昇る光を口に受け
2.赤松の葉をかみ締め
3.井戸水で目を洗い
4.塩水を飲む

そして一番大切なのは信神心。
信神心のない人には効かないんでしょうな~。


全国に誇れる相生土産が欲しいよ。


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com
f0234845_2346198.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-05-27 23:42
昨日、「相生市は造船の町でなくなってる。」と聞いて変えましたw
今は何のとりえもないような相生市やけど、注目されるように頑張るで!
f0234845_2256445.jpg

[PR]
by denpatu | 2010-05-25 22:48 | ひとりごと
相生・伝承文化を発信する会の書類のことで、会の重鎮に家に来ていただいた。
書類の修正も済み、時間が出来たので、今まで撮りためていた相生市内の画像なんかを見てもらっていた。
那波の荒神山の画像を見てもらって「これが煎り豆荒神さんの三宝荒神で、これが国光稲荷の社で…」と説明してるときに

「あんた、手水鉢の写真は撮らなんだんか?」

え?手水鉢?あったっけ?そういえば…
「そういえば、雨水に落ち葉がたまってて汚い手水鉢がありました。汚かったので撮らんかったです。」

「あれは大石内蔵助が手を洗うた言う、伝説の手水鉢なんやで!あれ撮っとかなアカンわ~」

そうか!そんな貴重な物やったのか。(:´Д`)
反対側にあった謎の石を撮ってたよ。これも何か伝説がありそうやけど。
また荒神山に登って撮って来な。orz


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-05-22 23:02 | 伝承文化発信活動

着物を縫いたい衝動

また十二単風着物を作りたくなってきました。
何十メートルも生地がいるので先立つものが無いので無理ですな。

作らないといけない期限付きのものはやる気が出んのよね~(´Д`)
近くにアイデアとやる気に効く神さんか仏さん居らんかな?


にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-05-15 14:33 | ひとりごと
今日、那波の国光稲荷の伝説を伝承文化のホームページにUPしました。
この国光稲荷さんは、キツネさんとちがいますよ~。
お稲荷さんというと、キツネの神様で油揚げが好物と思ってる人も多いと思いますが、これは間違いです。
お稲荷さんのお使いがキツネさんであって、お稲荷さんは基本的に五穀豊穣の神様です。
仏教でいう稲荷はまた別の妖怪チックな神様になってしまうのですが。

さて、この那波の国光稲荷さん、メチャメチャ美人らしいです!
美人で背に太陽・月・星を負って、右手には宝珠、左手には宝庫の鍵をもって白狐に乗って神々しいにも程がある!
毎日お参りしたら会えるかな?

あと、まだ書いてませんが相生市矢野の感状山にあった城が落城した時に逃げ延びたお姫さんが
かくまってくれた村人に感謝して「この村に生まれた女の子は全て美人に生まれるようにします。」と願をかけて
天寿を全うしたという話があります。どこの村だか調査に行きたいとおもってます。

もひとつ、何度も書いている和泉式部と小式部。
和泉式部は絶世の美女だったそうですが、若狭野育ちの小式部も母似の美女だったそうです。

相生・伝説の美人コンテストなんかやったらおもしろそう!
f0234845_21582277.jpg


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-05-11 21:59 | 相生市の伝説

変な気候が続きます

今年は暖かくなったり寒くなったりで、桜が長持ちしました。
桜も散り、色んな花が次々とと思っていたら一気に咲いてしまったようで。
公園には遅咲きの八重桜が満開、山には山ツツジが咲き残り、藤の紫色の房がゆれて綺麗。
歩道のサツキは白やピンクに咲き乱れ、また山に目をやると高い木の先に紫の花が立ち上がって咲いている。桐です。
春から夏の花がそこら中にいっぱい!
うれしい反面、心配になってきますね。ここまでなると。
昨日は雨の河原に真夏の草花のマツヨイグサが咲いてました。
昨日はさむくてウインドブレーカーを着てたくらいなのに。
大丈夫か?マツヨイグサ。
下の写真はマツイグサではないですが知らない間に庭に咲いてます。3月から。強いなあ。
何ていう花やろ?

f0234845_9483357.jpg


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-05-11 09:52 | ひとりごと

相生市のパワースポット

最近のパワースポットブーム。
パワースポットと言われる以前からこういう場所をめぐるのは好きでした。
奈良や京都は古都だから、そこかしこがパワースポットだらけ。
今のところ、効いてそうなのは「お松大権現」さんくらいかな?その内お礼参りにいかねば。
なんせ海を渡って徳島の神社なのでそうそう行けないのです。

しかし、そんな遠くに行かなくても相生市内に凄いパワースポットがあったのを忘れてました。
相生市那波の得乗寺の栗の木です。
元は相生市若狭野町雨内にありましたが、今は得乗寺の中庭にあります。
和泉式部が雨宿りをしたときに栗の木の枝が枝垂れて、これをきっかけに生き別れの娘と再会できたというところから
探し物や人と人との出会いに御利益があるのではと思います。
この和泉式部と栗の木の事から、自分自身も知り合いが増えて活動の場が広がっています。
宿木の栗の木を携帯の待ち受け画面にしておくと、物や人との良い出会いがあるかも?
直接、御覧になりたい方はお寺に連絡して予約してから行ってくださいね。

f0234845_22141793.jpg



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-05-06 22:18 | 相生市の伝説