相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日の7月23日に那波・八幡神社の夏まつりに行ってきました。
今年はいつもより参拝者が多く、ごったがえしていました。
f0234845_2242536.jpg

毎年、参拝の方々は拝殿入り口の茅輪をくぐるとすぐに引き返されてしまうのですが、
今年は裏の厄除神社にも沢山の人がお参りに行かれていました。
f0234845_2295886.jpg

毎年、暗くて人気がないので奥まで行かないのですが、今年初めて奥まで行きました。
相生ふるさと散歩によると、厄除神社の正式名称は高良神社といい、武内宿弥(たけうちのすくね)を祀る。
また、その奥には道が続いていて真っ赤な鳥居がずらり。
f0234845_22184869.jpg

この稲荷神社は明治時代に那波・大島山上から移されてきたそうです。
神仏分離令のためでしょうか?
鳥居やきつねさんは十年ほど前に新しく建てられたもののようです。
闇に白く浮かぶきつねさんはとても神秘的でした。
f0234845_22253883.jpg

松尾大天王をネットで調べてみましたが分かりませんでした。
京都の松尾大社と関係あるのでしょうか?
今度、宮司さんに会ったら聞いてみようと思います。


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


地方・郷土史
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2011-07-25 22:39 | いろいろ見学

那波の田中邸

最後の公開に行ってきました。
建物は江戸時代のものだそうですが、田中家は江戸以前よりこの地に住まいしている豪商でした。
昔々は土地を多く所有しており、今の那波中学校、図書館のあたりまで私有地だったそうです。
赤穂義士の神崎与五郎にも畑を貸していたという。
そんなお宅だから珍しい物も多く残っていました。
難しすぎて読めない(汗)神崎与五郎の直筆の書とか、廻船問屋だったころの鑑札とか。
すべて赤穂市に預けるそうです。
預けられない屋敷は、改造されている建物とはいえ、潰されてしまうかもしれないというのはもったいない限りです。
f0234845_22241941.jpg

昔のトイレが奥にある庭

f0234845_22372024.jpg

田中家が浅野家から拝領した家紋。
田中の名字は損所そこらにあふれている田中さんとは違い、殿様から頂いた特別な名字だそうです。


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


地方・郷土史
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2011-07-08 22:34 | いろいろ見学