相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

きっかけは、よさこいソーランから

今、相生市を知ってもらうために相生・伝承文化を発信する会に所属して
活動していますが、基の基は今も所属してる相生のよさこいソーランチームの
御当地オリジナルソングを作るために、相生市の伝承や昔話を調べていて
和泉式部と枝垂れ栗の話を知ったことが始まりです。

チームリーダーのT氏と「平安時代の雅な感じと、小倉百人一首に選ばれてる
人が二人も出てくるし、ええやん!相生にこんな昔話があったとは知らなんだ!」
とノリノリで企画するもチームの踊り子たちはイマイチ興味がなさそう。

そら、平安時代を想像してみて!と言われても「お雛さんみたいな感じ」とか
「かぐや姫」くらいしか出てこんわなあ…。
そしたら分かりやすく漫画にでもしてみるか!と思い立つもコマ割りが苦手で挫折。
イラストだけでもと思ってネットや本で情報をあつめながら絵本にしました。
子供の踊り子が多いので優しい言葉で振り仮名もふって、多いに脚色もして。
脚色しないと、邪魔になった前夫との子供を捨てた話になってしまうので。
それでも踊り子らには理解してもらえたのかどうかは謎のまま。

でもこの絵本のおかげで今がありますのです。


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com
f0234845_14231138.jpg




にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-04-06 17:23 | ひとりごと