相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

ほんとにこれでイイんスか?

表着風着物が出来たので会の人たちに見てもらう。
ひどい出来の着物を見てもらうのは非常にはずかしかったが実物大はこんなもので、現代の着物とまた違うので壺装束に着付けられるかの意見を聞くために持参した。
そしたら「せっかく縫ったんだから勿体無いから本番、これでええやん!」となってしまった。
オレンジに黄土色のおめりて何の季節の何の色目?(´Д`)
衿にステッチが入って、よれてても着付けてしまったら分からん!と着付けの出来る方から心強いお言葉を頂きました。

しかし、これを本番用にするには物足りない。そう、平安装束特有の有職文様(ゆうそくもんよう)がないからだ!
本当の表着ならば絹で二倍織(ふたえおり)といって地模様のうえに独特の文様を織りいれた生地を使用するのだが、出来上がった謎の生地にはチェック風の浮き織が入ってるものの有職文様がない。
無いのなら、プリントしてしまえ!ホトトギス!ということで向蝶紋の型をつくりステンシルしてみることにした。

ところが、謎の生地はステンシルの絵の具を受け付けなかったのである。惨敗。
だが、秘密兵器があるのだ。その名は「染めQ」!合皮も染まってひび割れしないというスプレーなのだ!
ちょっとスプレーのお値段が高いが文様を入れることが出来た。
f0234845_21365397.jpg



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-04-15 21:48 | 伝承文化発信活動