相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

今日は何の日?フッフ~ン♪

今日は4月18日、「お香の日」なんだそうです。
Wikipediaを見ると、

1992年に全国薫物線香組合協議会が制定した記念日で日本書紀によると、
推古天皇3年(595年)4月に「沈水、淡路島に漂着」と記され、
淡路島にひと抱えもある香木が漂着した。
この沈水(じんすい)というのが一般に言われるところの沈香という香木である。
島民がその木を焼くと良い香りが辺り一面に広がったので驚き、木片は朝廷に献上された。
そこで聖徳太子が観音像を作ったとされる。
今も淡路島ではその香木をご神体として枯木神社に祭られている。
この日本書紀のエピソードがお香に関する日本最古の記述。
沈水香木の伝来した4月と、「香」の字を分解した「一十八日」をあわせて4月18日を、「お香の日」として制定。

なんだそうです。
この間、友人の御伊勢参りの土産に頂いた肩こりに効くお香。
肩こりに効いているのかどうかはハッキリしませんが、とても良い香りで残り香も長持ちです。
甘くて爽やかな中にも、お寺や仏間に行くと落ち着くお線香の香りも含まれてて気持ちが落ち着きます。
悠々庵の漢方香-肩こり-という試験管入りの棒状のお香です。

f0234845_20592574.jpg

そしてこれは香時計。お香は一定の時間で燃え進むので、それを利用して時間を計る道具です。
赤穂の花岳寺で使われてました。


にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-04-18 21:03 | ひとりごと