相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

煎り豆荒神さん

相生市の那波に煎った豆から芽が出た。と言う伝説があります。
江戸時代の大飢饉に信心深い男が母と弟を亡くし、二人を救えなかった事を悔やんで、施しで配られた煎った豆を一粒も食べずに二人を埋めた墓にお供えとして埋めた。
そうすると翌日、煎り豆を埋めた場所から芽が生えていた。と簡単に言うとこんな話です。
火で煎られて調理された豆から芽が出るとは、ど根性大根より根性あります!
この芽がそだって豆がなって今に残っていたら、相生の名産品になってただろうなあ。とイヤシい事を考えてしまうのでした。

f0234845_18261864.jpg


煎り豆荒神の詳しいお話はこちら
 ↓
相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-04-29 18:30 | 相生市の伝説