相生市は古代から栄えていたのだ!

by denpatu

煎り豆荒神祭礼

6月3日日曜日、今年も煎り豆荒神さんの祭礼にいってきました。
毎年思いながら、今年も虫除けスプレーを持っていくのを忘れてヤブ蚊にさされまくりました。
おかげで神主さんの祝詞もちゃんと聞けませんでした。ごめんなさい。
玉串を捧げて祭礼も無事終わったので、境内内の國光稲荷さんをおがませてもらおうと
世話人の方に祠の前の鏡をどけてもらい、戸を開けました。
あれ?何かおかしい???
國光稲荷さんの横に控えている狐さんに箱の様なものが倒れてる!
ちょっと失礼して幕を上げてのぞくと昔々に奉納された箱がすべて倒れてしまっていたのでした。
はっきりとした原因は分かりませんが、風で祠がゆれて軽い箱や札が倒れたのではということでした。
倒れていたものを少し直しましたが、数が多かったので世話人の方にお任せして帰りました。
以前は気づきませんでしたが、奉納の箱の数からして昔はとても信仰されていたのですね。
f0234845_17251620.jpg



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


地方・郷土史
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2012-06-13 17:26 | 相生市の伝説
今年もよろしくお付き合いお願いします。
皆さんはもう、初詣されましたか?
私は去年の國光稲荷さん和泉式部ゆかりの枝垂れ栗のある得乗寺を参り、今年は近くの那波八幡神社にも行ってみました。
厄除神社と奥の松尾大天王にもお参りしました。
f0234845_9395545.jpg

前は夏祭りで夜暗かったので分からなかった詳細が、祠の後にありました。
f0234845_9404277.jpg

松尾稲荷:祭神は・宇迦之御魂神
スサノオノミコトの子で食物・稲の霊の神。食物・農耕・諸産業繁栄のご利益があるそうです。
農家の方はもちろん、飲食、食品製造関係、趣味のガーデニングにもご利益があるのではと思います。
関係のある方は是非、お参りになられては?



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


神話・伝説
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2012-01-03 09:55 | いろいろ見学

ここにも長壁神社

いつも通り過ぎて、いつか寄ってみたいと思っていた射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)に行って来ました。
f0234845_168383.jpg

f0234845_1683486.jpg

この射楯兵主神社は狛犬ではなくミミズクが左右に鎮座しています。
射楯兵主神社の祭神は射楯大神(スサノオの子)と兵主大神(オオクニヌシ)だそうです。
びっくりしたのは中に入ると敷地がすごく広い事。
いつも車で通り過ぎていた時は小さな神社かと思っていましたが、中には多くの神様の社があり
自動車のお祓いや神前結婚もできて、レストランまでありました。
奥へ奥へと進むと知っている神様から知らない神様までたくさんの神様の社や祠がずらり。
その中に長壁神社がありました。
f0234845_1627015.jpg

f0234845_16341026.jpg

以前、ゆかた祭りでおとずれた長壁神社と御祭神が少し違いました。
富姫は同じでしたが刑部親王は祀られていないようです。刑部大神が刑部親王なんでしょうか?
f0234845_16333657.jpg

この長壁神社は昭和二年に姫路城天守閣の長壁神社から、ここに分祀されたようなので、ゆかた祭りの時の長壁神社と同じ様です。
この長壁神社はどうしてここに分祀されてきたんでしょうね?
ここにもご利益は書かれていませんでしたが、分祀されて来るという事は絶大な力があるのでしょうね。





相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


その他
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2011-08-19 16:42 | いろいろ見学

煎り豆荒神さん

今日は那波にある煎り豆荒神さんの祭礼だったのでお参りにいってきました。
(煎り豆荒神さんの伝説については→相生市の伝説
雨が降りそうな曇り空で蚊がいっぱい飛んでいましたが、玉串も作法どおり捧げることが出来(たぶん…)
何とか無事終わりました。
無事終われたのは世話人の方の準備のおかげさまです。準備するのに急な石段を何度も往復しないといけませんから。

三宝荒神さんも好きなのですが、私が好きなのは少し離れた社にいらっしゃる国光稲荷さん。
昨年は像の光背が取れ、腕が折れていたのですが、ちゃんと修復されていました。
今年は鏡が外に出されていたので国光稲荷さんの足元まで見ることができました。
大きな白狐さんに馬乗りになられてました。水の上を渡っている様な彫刻がされていました。
江戸時代くらいの作なんでしょうか?素人なので当てずっぽうですが。
神仏習合で像も作られ、菩薩の明記もありましたが、日本古来の神・お稲荷さんです。
絶大なご利益があるかわりに、粗相があれば絶大な祟りもありの神様です。
大事にお守りしていきましょう!(汗)


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


地方・郷土史
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2011-06-05 22:20 | 相生市の伝説

那波新田リベンジ!

数ヶ月前に那波新田の伝説をもとめて、犬に吠えられながら探すも見つからなかった。
今日、改めてリベンジの旅に!
前は夕方だったので、見逃していた祠をあっさりと見つける事ができました。
立ち入り禁止?の黄色のビニールがかかっている杭の横から入ってすぐの山際にありました。
f0234845_2140108.jpg
これが夢まくらに立って「那波新田に帰りたい」と訴えたかわいい神様か!
f0234845_2151548.jpg
祠の前の石段を上がると右手に桶を置くような石と手水鉢には小さすぎる穴の開いた石がありました。
祠の屋根は金属製で水色に塗装されていて、お賽銭入れには木の葉が詰まってました。
泥蜂の巣のかけらが散乱している祠の扉の前にお賽銭を置き、
鈴を鳴らそうと思いましたが、鈴には鈴緒が付いてなく、蜂にビビりながら鳴らそうとしましたが断念。
今まで蜂に刺されてエライ目にあったことがある私には無理でした。
そして脂汗をかきながら半開きの固い扉をあけると、そこには阿吽の白狐に護られた稲荷さんが!
f0234845_22261655.jpg

これが那波新田に戻りたいと言った神様か~。稲荷大神璽と記されています。
荒神さんだと思い込んでました。

また通りすがりに庭の手入れをされていたおじ様に声をかけて、お稲荷さんの事を聞いてみました。
おじ様の話によると、その昔、祠はも一つ奥の村を見下ろす山の上にあったそうですが、
村に狐が出てうるさいので、狐を鎮める為に今の位置に移されたとか。
それ以降、狐の声はしなくなったそうです。
今は鹿とイノシシに悩まされているそうです。最近は海に近い那波にも熊が出たそうで。
五穀豊穣の為に頼むよ、お稲荷さん!


相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com

神話・伝説
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-11-03 22:52 | 相生市の伝説

旅に出てました

旅に出てました。
と言っても友人に感化されて自転車で(壊れかけの空気の減った高校のときの。友人のは外車!)
目的地は近くだったので陽もかたむきかけてから出発。
相生市那波新田に伝説の祠を探しに。
この那波新田は“那波”と付くように那波の一部だったんです。
場所的には竜泉町の奥、東後明の横、西後明の後ろです。ややこしいですね(汗
相生湾にまで注いでいる苧谷川(おこくがわ)の源流に近いところあたりです。
8代将軍・吉宗(暴れん坊将軍w)時代に開墾された土地のようで、苧谷川の苧(からむし)という植物の
繊維で作った製品の生産をしていた歴史があります。それで苧谷川という川の名前がついたらしいです。
地図の黄色の道から右へ入る細い道のところから上辺りが那波新田です。

苧谷川を挟んで若狭野地区の東後明と那波地区の飛び地・那波新田。今は竜泉町に入っているようです。

さて自転車にまたがり、海に近くない那波へ!
犬に不審者進入と吠えられながら田んぼの横の道を奥へ奥へ。
村は小さいし、村の奥に小さな祠があると本に書いてあったのですぐに見つかると安易に思ってました。
が、それらしき物はなく、山の奥へつづく道は虫が出そうで引き返しました。失敗。
父の知り合いの人がこの村にいるらしいので、今度は聞いてもらって確認してから行ってみます。

この私的に魅惑の伝説の祠。
読んだ本によると、那波新田の神様は、もともと海に近い那波荒神社にまつられておられたようですが、
那波新田が出来たことによって那波荒神社から分祠されて、那波新田に祀られることになったそう。
ある時、何が理由か分かりませんが分祠されてきた神様を元居た那波の荒神社へ返そうということになり
那波新田の神様は元に返されたそうです。
そして幾らかたったある日、那波新田に住む男の人の夢の中に
「那波新田に帰りたい。」と那波新田に祀られていた神様が現われて涙を流して訴えたそうです。
そしてまた、神様は那波新田に迎えられたそうです。

このかわいらしい神様に会いたい!
できれば私の夢枕にも立って祠の場所を教えて頂きたい!



相生・伝承文化を発信する会→http://denpatu.yamanoha.com


神話・伝説
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村
[PR]
by denpatu | 2010-07-02 14:34 | 相生市の伝説